*pict *index

一〜十

個人的な挑戦として、一〜十までの漢数字が入る言葉で描いた絵です。
同じ世界の中に生きる人物たち、1枚に人物1人、女→男→女→男の順番で描く。
自分で決めたルールの基で描いた絵の、一から十まで。


「一番星」
一番星の瞬きを見て吉兆を読む、星見の少女。
お告げを聞き、伝える者。

 


「二刀流」
東の国の少年剣士。
なりは小さいけどパワフルな二刀流剣士。

 


「三線」
素朴な楽器・三線を手に気ままに生きる歌人。
どちらかと言うと世捨て人。

 


「四葉」
  四葉のクローバーは本当に幸福のシンボルか?
西の国の少年剣士。

 


「五芒星」
南の国の女魔道師は、五芒星の魔法陣を操るという。

 


「六花」
雪を操る北の魔道師。
魔道師と言うよりもお坊さん的な存在で、
国の人たちからは、とても慕われている。

 


「七面鳥」
砂漠に出没する七面鳥占いの少女。
インチキと罵る者もいれば、ピタリと当たると崇める者もいるという。

 


「八重霞」
北の国の神殿で働く、護衛青年。もうすぐ仕事明け。
深夜から日の出までの時間、
幾重にも立ちこめた霞の中を見回っている。

 


「九蓋草」
諸国を旅する女流・詩人。
都会では最近、彼女の詩が高く評価されている。

 


「十字路」
南の国を治める若き君主。
カリスマ性が高く、勝気で天才肌で美形。
国民から絶大な人気を得ているが、たまに奇行が見え隠れする。

(2006年11月〜2007年4月)

*pict