<<描き方紹介 1へ / 講座TOPへ▲

描き方紹介その2 <1>  次へ>>

 +poo板・フルバージョンの描き方 その2+
1 / 2 / 3 / 4 / 5

poo板・フルバージョンでの、もう1つ別の描き方紹介です。
アニメを保存をせずに、「乗算」機能を使って上描きしていく方法です。
poo板で塗り絵をする時にも、役に立つのではないかと思います。


その1 『下描き』

描き方紹介その1とは少し違う描き方で、
途中保存&上描きを前提
にした描き方の紹介です。

poo板はアニメを残す描き方を選ばないと、
途中保存をする時に、レイヤーがまとまってしまいます。
でもこの描き方なら、アニメ保存しなくてもOKです。
また、poo板の「塗り絵」で、線画が水彩orエアブラシで
描かれていた場合にも、活用できると思います。

まずは下描きです。
鉛筆、A値255のペン先を使って下描きしました。
この絵では、薄いグレーで大まかな人物の配置を
濃いグレーでちょっと細かめに下描きしてみました。
これは個人の好み、やりやすい方法で描いて下さい。
下描きなしもありですしね!



その2 『主線描き』

主線を描く前に、下描きの色を薄い色に変更。
そして上に1枚、レイヤーを追加します。
←この中の「+」マークをクリックすると、
下方にレイヤーが1枚追加されます。
その追加したレイヤーをクリックで選択してから

←にある「▲▼」をクリックして
新しく増やしたレイヤーを好きな位置に移動します。
今回は主線を描く為に、下描きレイヤーの上に移動。

この絵は、鉛筆ツール、A値100で描きました。
水彩ツールでも、エアブラシツールでも描けますので
自分にしっくりくるツールで描かれると良いと思います。


その3 『主線の途中で保存 1』

主線は、できれば一気に描き上げたいところですが
どうしても時間がなかったり、力尽きる時があります。
そんな時、私は主線の途中でも保存しています。

ただ、保存するとレイヤーが1つにまとまってしまう
poo板のこの描き方では、このまま保存をかけると
主線と下描きの線が重なり、台無しになります。

なのでまずは保存の前の下準備

やり方としては、まずは主線レイヤーを選択しておき
←にある「コピー」をクリック。
すると、選択したレイヤーがそのままコピーされるので
主線レイヤーを複製して2枚にします。



その4 『主線の途中で保存 2』

そして、1枚の主線レイヤーと、下描きレイヤーを結合。
左側のレイヤー状態を見て頂くと、分かりやすいと
思います。


この状態にしてから、今度は結合したレイヤーの中から
←のように
下描きで使った2つの色をマスク・通常で保護します。


そうしておいてから、下のレイヤーに
消しゴムを 四角ツールで全体がけします。
消しゴムはA値255でかけて下さい。




その5 『主線の途中で保存 3』

すると、下描きと主線が重なっていた部分だけが
消されますので、保存してレイヤーが1つにまとまっても
続きを描く時には、主線と、下描きとを分離する事が
できるようになります。

この状態にしてから、「PNG保存」をします。


poo板での途中保存の時には、特に制限がないなら
私は「PNG保存」をオススメします。
画質が綺麗ですし、鉛筆ツールの特性を利用する
時には、PNG保存でないと効果が出ないからです。

私のこの描き方をされる時には、必ずPNG保存に
して下さいね。


描き方紹介その2 <1>  次へ>>

<<描き方紹介 1へ / 講座TOPへ▲